TOP

大井町鍼灸整骨院大井町鍼灸整骨院

お電話でのお問い合わせ

TEL

お問い合わせ

ブログ

HOME > ブログ

腰痛の実態…ここでお話しします。

こんにちは!大井町鍼灸整骨院の松本です!11月も後半に差し掛かり寒さも一層加速してきましたね…

外に出かけることが増える方、寒いから出たくない方など顕著に分かれることが増えると思います。どちらも適度な運動、休息を取ることを心掛け今年の年末を良いもので迎えましょう!

さて、そんな今回のブログですが、今回のテーマは「腰痛」です!

寒いそんな季節、肩こり・腰痛で悩む方がより増えていく季節な気がします。

今回はそんな腰痛のことを書いていきますね!

 

目次

  • 腰痛とは
  • 腰痛の種類
  • 腰痛の原因
  • 腰痛の対処法

 

 

  • 腰痛とは

腰痛は腰部に主に痛みや張り感、不快感などがある状態です。

現代社会において腰痛を感じたことがない人はごく少数なくらいに

一般的なものになっています。

 

  • 腰痛の種類

腰痛には主に3種類あり、「仙腸関節性」、「筋筋膜性の腰痛」、「椎間関節性の腰痛」

この3つが基本になります。

他にも神経由来や脳に問題があるもの、内科的なものなど様々ですが多くなるので基本のもので今回はまとめさせて頂きます。

 

  • 腰痛の原因

腰痛の原因は種類によって異なりますがまずは仙腸関節性の腰痛の原因からお話しします。

仙腸関節に何かしらの負荷や関節可動不全が起きて炎症が起き痛みに変わることがあります。これは骨盤のズレや運動不足、長時間の不良姿勢でいると起こりやすいです。

次に、筋筋膜性の腰痛です。これは筋肉の過緊張が原因で起きやすいです。

骨盤や背骨のズレ、筋肉のオーバーユーズで起きやすく、急な重いものを持った時や立ち上がり動作などが起因となり起こりやすいです。

最後に椎間関節性の腰痛です。これも他の2種と類似しますが背骨のズレや筋肉の過緊張による背骨への負担により起きます。

急な起き上がり動作や重いものを持つなどが起因となりやすいです。

これが代表的で主な原因となってきます。

もちろん人により原因は異なるので、一概には言えません。

 

最後に腰痛の対処法についてざっくりまとめていきます!

 

・腰痛の対処法

対処法といっても様々な腰痛があり、人によって原因が異なるため

今回のものは参考程度に見てください!

 

まず、腰痛改善に大事なのは運動です!これは激しい運動という訳ではなく、

歩行やストレッチなどの負荷が少ないものです。

特に歩くのに関してはとてもおすすめです。

よく質問で腰が痛いときは動かずに安静にしていたほうがいいですか?

と聞かれますが、歩くことでの痛みの悪化などがないのであれば、動かしても

大丈夫です!むしろ動かしてください。

筋肉が固まる、関節が動いてない方には効果があります。

この時に少し歩幅をいつもより広げるとより良いです。

 

次の対処法はファスティングです!

これは実体験ですがファスティングすることで腰痛が出ることがかなり減りました。

胃腸の負担などが腰痛にも影響していることが分かります!

腹圧が減り体重も結果的に減るので身体への負担が減っているのだと思います!

当院ではファスティングもご紹介しています!興味ある方はぜひ松本までお問い合わせください。

 

他にも施術でよくするなど、ありますがこれに関しては自分でできる対処法ではないので

説明は省かせていただきます。

 

今回は腰痛についてお話しましたがどうでしたか?

次回も来月でブログを書きますので楽しみにしてお待ちください!

 

2022.11.25

不眠による体への影響

こんにちは!

大井町の丸山です!

前回書かせていただいた睡眠による体への影響に続いて今回は不眠について書いていこうと思います。

 

眠りたいのに眠れない。

負のスパイラルに入ってしまった経験はありませんか?

様々な原因がありますが、大きく分けて5つの原因が関係しています。

解決するために原因がはっきりしていることで対処することが変わってきます。

 

一つ一つ原因をこれから伝えていきますので、自信が思い当たるものを選んでください。

それに対する対策をお伝えしていきますので、是非読んでいってください!

 

 

まず、一つ目の原因に心理的な要因が挙げられます。

大きなものとして皆さん感じているストレスです。

このストレスは誰しもが少なからず生活している上で感じるものです。

このストレスは睡眠にとって最大の敵になります。

職場の人間関係や仕事量や内容、収入や家族のことなどさまざまなことでストレスを感じることがあります。

色々な悩みを抱えたり、イライラすることもあります。

このような心理的ストレスは交感神経を活発に働かせてしまうため、リラックスすることができずに体が活発に働こうとする影響を与えてしまいます。

それにより眠気が出てこないため、睡眠の妨げになってしまいます。

 

なぜ眠れないのか?抱えているストレスに自分自身が気づいていないこともあるため、眠れなくなった前後の出来事を思い返すことで眠れなくなった原因を見つけることができます。

 

二つ目の原因は身体的な要因が挙げられます。

怪我による痛みや虫刺されや皮膚病などによる痒みの症状や夜間の頻尿などの体の症状が眠りを妨げる要因になることもあります。

これらは痛みや痒みなど感覚として感じるため、自覚しているものは対処できると思います。

しかし、一晩に何度も呼吸困難を引き起こし、眠りを浅くする睡眠時無呼吸症候群では、本人の自覚が無いため発見されることが遅くなります。十分に眠った感覚がない方や疲労感を感じる方、いびきを指摘された方は注意が必要で医療機関の受診をお勧めします。

加齢により睡眠の質の低下する傾向もあります。

 

三つ目の原因は精神医学的な要因です。

代表されるものは抑うつ、うつ病です。

眠れない悩みがあり、憂うつな状態が長く続いていたり、楽しいと感じることがなくなっている方はうつの症状が出ているため、専門の病院への受診をお勧めします。

眠れない背景には心の不調が関係している場合もあります。

専門家の力を借りないと治らないケースもあります。

慢性的に不眠が続いている方の3分の1から半数は何かしらの精神疾患を持っていると言われています。

 

四つ目は薬理学的な要因です。

アルコールやカフェイン、ニコチンなどが該当します。

寝る前にアルコールやコーヒー、タバコは睡眠にとってマイナスに働きます。

眠ろうとしてアルコールを飲む方がいますが、一時的な入眠作用の後に覚醒作用があるため、かえって眠りを浅くしてしまいます。

また、お茶やコーヒーに含まれるカフェインやタバコに含まれるニコチンは覚醒作用があるため寝つきを悪くして睡眠を浅くします。

 

薬を服用している方は薬によっての副作用で眠れなくなることがあります。

医師としっかり相談をして薬の副作用と向き合って正しいタイミングで飲むことで不眠を回避してください!

 

五つ目は生理学的な要因になります。

時差ボケや生活習慣、室内環境が当てはまります。

海外旅行などで経験する時差ボケやシフト勤務による昼夜逆転の生活をしている方は体内時計の狂いが生じて睡眠の妨げを起こします。

 

また、眠る前に色々考えたり、スマートフォンなどの電子機器を操作、見ることで交感神経が活性化して眠れなくなることもあります。

寒さや暑さ、明るさや騒音も睡眠にとっての妨げになるので注意が必要です。

 

 

眠れない原因は色々とありますが、原因をはっきりとさせてそれに対して対策を取ることで睡眠の質を上げることができます。

皆さんは当てはまるものはありましたでしょうか?

 

次回も睡眠について書いていきますのでぜひまたみてください!

 

2022.11.18

これからの忘年会に備える 「お酒の知識」

皆さんこんにちは!

大井町鍼灸整骨院の藤田です!

今回はお酒と体の関連性についてお伝えしていこうと思います!

世間一般的にこうすると良い!という方法は皆さんご存知かと思いますが、それがなぜなのか!

まとめていこうと思いますので、お酒を飲まれるあなたにはぜひ最後まで見てほしいです(*^^*)

 

ではいきます!

 

〇お酒を飲むと体はどうなるのか

・「体内の水分が少なくなる」

飲酒によって起こる悪影響の一つとして、利尿作用の促進というものがあります。

利尿作用という尿を促進させる作用により、トイレが近くなり体から水分が失われていきます。

 

「お酒も水分だから」という考えは完全に間違いです。

飲めば飲むほど体から水分が失われてしまいます。

 

朝起きた時に喉がカラカラになっている経験がある人がほとんどだと思います。

お酒を飲む際にチェイサーとしてお水を飲むことが大事なのはこういった理由があるからです。

 

人は生命活動において内臓機能が非常に重要な役割を担っています。

そのため、水分が枯渇し始めると、まず筋肉などの外側から水分が減少していきます。

 

水分が低下した筋肉は柔軟性を失い、怪我のリスクが高まります。

なるべく体内に水分を循環させることが重要になるので、お酒とお水はセットで考えていきましょう!

 

 

治療経験の中でも、お酒を飲まれる方の痛みの改善は時間がかかる傾向にあります。

なかなか治らない痛みがある場合はまずアルコールを見直しましょう!!

 

 

・「睡眠の質の低下」

お酒は分解代謝が進んでいくにつれてアセトアルデヒドという物質が生成されます。

この名前は聞いたことのある方も多いと思います!

 

このアセトアルデヒドには覚醒作用をもたらす効果があります。

そのためお酒を飲んで寝ると、アルコール分介護のアセトアルデヒドによって睡眠が妨げられてしまいます。

 

これだけではなく、先ほどの利尿作用による尿意も相まって、なかなか寝付けないといった症状が強くなります。

 

睡眠は身体の疲れを取るために重要なので、疲労が抜けきらない中で毎日の飲酒は完全な悪習慣です。

 

できるだけ減らすことをお勧めします!!

 

 

〇睡眠への悪影響のその他の弊害

・「寝酒」

睡眠がなかなか取れないため寝酒をして無理やり寝られる方も中にはいらっしゃると思います。

 

寝つきを良くするアルコールの効能は、習慣化すればするほど徐々に弱まってしまいます。

これは耐性が出来てしまう為、より多くの量を欲している状態です。

 

 

耐性ができてしまうと、離脱させようとする際に離脱症状が出ることがあります。

薬物依存などと同一視される問題ですが、寝酒をやめたタイミングで逆に寝付きが悪くなるという離脱症状が出ることがあります。

 

そうなると逆に依存してしまう要因にもなりますので注意していきましょう!

 

 

・「筋弛緩効果」

アルコールには筋肉を弛緩させる効果があります。

 

これにより、上気道という呼吸に関わる気道の筋肉が弛緩してしまい、舌が喉に落ち込みやすくなります。

 

落ちた下により上気道が狭くなることで無呼吸になるリスクが高まります。

 

無呼吸になることで酸素の吸入量が低下し、血中の酸素濃度が低くなります。

それがきっかけとなることで覚醒作用が余計に強まってしまいます。

 

睡眠中はただでさえ筋肉が緩みやすいです。

そんななかアルコールまで入ってくると余計に筋肉は緩み上気道が狭くなってしまいます。

 

ご注意ください!!

 

 

〇まとめ

社会人になるとどうしてもお酒の付き合いは増えてくると思います。

 

知っていながらもお酒を飲むのか、知らないままにお酒を飲むのかは大分大きな違いとなります!

 

これを読んだあなたの頭の中に少しでも今日の内容が残れば幸いです(*^^*)

 

お酒とは適度に付き合っていきましょうね!!

 

2022.11.16

肩こりの全貌…

こんにちは!大井町鍼灸整骨院の松本です!現在10月も終わりに近づいています!雨の日や寒い日が続いて体調が優れない方も増えているのではないでしょうか?

早めの就寝、規則正しい食事、運動の3つを心がけて寒い冬に向けて準備をするのをお勧めします!

 

さて、今回のブログですが最近は食事や栄養についてお話をする機会が増えていたので、整骨院らしく肩こりや腰痛についてお話ししようと思います!

そして今回「肩こり」に限定してお話する回にします!

 

目次

  • 肩こりとは
  • 肩こりが出やすい職業
  • 肩こりの原因
  • 肩こりの改善法

 

この4項目に分けてお話をしていきますね!

 

  • 肩こりとは

まず、皆さん肩こりと日常的に言ったり聞いたりしますがどのような状態のことを、肩こりがあるというかご存じですか?

肩こりは、「首から肩や、肩から背中の筋肉が緊張し強張った状態」のことを言います。

これによりダルさ・痛み・動かしにくさなどの症状がでてきます。

ただ、ここで注意していただきたいのは症状がなくても肩こりはある!ということです。

症状は肩こりが出てきた後に徐々に出ている場合が多いです!

来院される方で痛みがないから大丈夫と肩こりがあるにも関わらず放置して何も対策されていない方も多く見受けます。もちろんすべての方に症状が出るというわけではないですが、ほとんどの方が後々、強い症状が出ている場合が多いです!放置せず対策、肩こりが自分にあるかわからない方は一度、専門家に診てもらいましょう。

 

  • 肩こりが出やすい職業

肩こりが出やすい職業の代表例をあげます。

まず、デスクワーク全般(IT,エンジニア、事務、受付)、美容エステなどの重い器具を連続で使い続ける方、主婦などこの辺りがよく知られている一般的に肩こりが出やすい職業だと思います。

 

  • 肩こりの原因

肩こりの原因は人それぞれ違うと思いますが、ここでは僕が診てきて多かった代表例をお話しさせていただきます。

肩こりになりやすい肩こりの要素は3つあると思います!「骨盤のズレや後傾」、「猫背」、「腕周りの硬さ」この3になります。

この3要素が揃っている方は非常に肩こりになっている確率が高く、重度な可能性があります。ここも自分での判断が難しいと思います。専門家に自分の体がどうなのか診てもらうことをお勧めします。他の要素としては運動不足や食生活の乱れなどですがこれらが結果的に先ほど挙げた3要素生んでいるので細分化したものとして認識しておくといいです。

 

  • 肩こりの改善法

最後に4つ目の改善策です。これも端的に要素を上げます。

「専門家による施術」、「食生活、私生活の改善」、「運動習慣」、「正しい休息」

これらがありますがここでは施術による内容を話していきます。

まず施術は一番即効性があり変化を体感しやすいものだと思います。運動をこちらの部類になりますが施術で先ほど挙げた骨盤のズレ、猫背、腕周りの筋肉の緊張を取ることができれば、すぐに実感できます。施術による血流の増加、筋骨格のバランスが整うことで普段、疲労しきっている肩や首周りの筋肉に栄養が行き渡り、筋肉がほぐれていきます。血流の滞りが起こっていることで肩こりが悪化していきます。ここでしっかり回復成分がある血流をコリのある場所に流してあげることが大事です。

 

 

今回は肩こりについて簡潔に項目ごとに書かせていただきました。

もっと知りたい!一度話を聞いてみたいという方はぜひ大井町鍼灸整骨院の松本までお問い合わせください(*^^*)きっとお力になってみせます!

今回はここまでで終わりにさせてもらいます!また来月のブロ

2022.10.27

睡眠によって起こる体への影響

こんにちは!

大井町の丸山です!

前回は睡眠時間について書いていきました。

 

今回は睡眠によって起こる体への影響について書いていこうと思います!

 

人々は睡眠によって様々な体へのいい影響を与えています。

睡眠中に体の中で起こっていることがあります。

 

まず、はじめに睡眠中に脳のメンテナンスをしています。

睡眠は脳にとって非常に重要な役割を持っています。

睡眠不足に感じる気だるさや不快感は体が感じているのではなく脳そのものの機能が低下しているために起こっています。

回復させるために睡眠が必要になります。

 

睡眠が不足すると精神的に不安定になりやすく、うつや精神疾患になりやすくなることもあります。

脳はとても脆弱な組織で睡眠は脳を休息させるだけでなく、翌日に備えて脳を修復・回復させています。

特に睡眠は胎生期や小児期の脳を作り成長させる役割も持っています。

 

体の発育を良くすること、老朽化を防ぐ効果もあります。

「寝る子は育つ」という言葉があるように睡眠中に成長ホルモンが分泌されます。

この成長ホルモンによって骨や体を作り、成長期の子供は発育が促進されます。

 

この成長ホルモンは大人にもいい影響を与えています。

身長が伸びることはありませんが、細胞の新陳代謝を促すので切り傷や刺し傷、火傷などの傷の治癒を良したり、骨を丈夫にすることや若々しい肌を維持すると言った老化しにくい状態を作る役割も果たしています。

 

良い睡眠をとることで病気の治癒と予防にもつながります。

睡眠をとることで成長ホルモンの働きにより、体の中にある細胞が再生されて、免疫力が高まります。

それにより傷の治りが速くなったり、風邪が治ったりする自己免疫力上げることになります。

この自己免疫力に働きかけるのが成長ホルモンであり、成長ホルモンを分泌させるのが睡眠をとることなのです。

免疫力が上がるということは癌にもなりにくくなります。

 

酵素を体内で生産するのも睡眠中に行われます。

今、生活をしている間にも私たちの体の中では生きていくためにさまざまな物質の合成や分解が行われています。

これは体で起こる代謝というものになります。

代謝とは食べたものをエネルギーとして体に蓄えたり、蓄えたエネルギーを必要な時に取り出したりすることです。

この代謝を円滑に進めるのが体の中で最重要である酵素です。

 

この酵素とは体を動かすなどのすべての活動に必要なタンパク質である。

そしてこの酵素は睡眠中にたくさん生産されます。

日中にこの酵素を使って身体活動を行うため、より良い睡眠をとって酵素をたくさん生産することで翌日の生活を円滑にする役割があります。

 

睡眠中に体内で老廃物の処理を行っている。

朝起きた時にトイレに行きたくなることがあると思います。

それは体内で発生する老廃物の一つである活性酸素というものがある。

これは体内の細胞や組織を酸化させる。

つまり、さびつかせて老化を促進させる要因の一つです。

がん、動脈硬化、認知症などのさまざまな病気の原因といわれている活性酸素ですが、夜間や睡眠中にメラトニンというホルモンが分泌されて、活性酸素の無毒化が活発に行われています。

この無毒化した活性酸素等の老廃物を体外に排出するために朝にトイレに行きやすくなる現象が起きます。

 

このように人々は眠っている間に精神的な部分や身体的な部分の健康を維持向上しています。

 

しっかりとした睡眠をとり、健康に向けて生活していきましょう!!

 

今回は睡眠による体への影響をお伝えしました。

次回は睡眠の必要性と不眠による体への影響について書いていこうと思います!

 

お身体の悩みに対して真摯に対応していきますのでお問い合わせください!

2022.10.20

糖質制限をせずに行うボディメイクについて!!

こんにちは!大井町鍼灸整骨院の藤田です!

ボディメイクの重要性の中でも、特に糖質の代謝が良くなることついてまとめてこうと思います!

主にはビタミンの重要性をご説明していきます(*^^*)

糖質制限を行う方がとても多いですが、エネルギーを作る為の糖質とはうまく付き合っていけるようにしていきましょう!

 

最後まで読んでいただければ、何となくビタミンって大事なんだ。と思って頂けると思います!

 

ではいきます!

 

〇ダイエットとボディメイクの大きな違い

 

ダイエットとは体重を落とすことに重きを置いています。

そのため、ただ落とせればそれで良いといったものがダイエットになります。

 

一方、ボディメイクとは「自分の理想の体型に近づく」ことに対して重きを置いています。

そのため、不健康的に体重が落ちるといったことを極力避けながら体重を落としていきます

 

 

〇それぞれの特徴

ダイエット

・体重が落ちることのみにフォーカスを当てている

・数値の目線で目標を立てる為、体重の目標を目指しやすいことがメリット

・体重重視の為リバウンドすることが多く、理想の体型とのギャップがあることがデメリット

 

ボディメイク

・理想的な習慣作りや身体づくりの目線が強い

・筋肉を付けながら理想を目指していく為、リバウンドしにくいことがメリット

・自己流では難しく適切な食事管理や運動指導を必要とすることがデメリット。一人ではなかなか難しい。

 

ボディメイクは身体の専門家に任せて下さい(*^^*)

 

〇運動の重要性

 

自分がなりたい体型になるためには筋肉トレーニングが必要になることがほとんどです。

在宅勤務など、コロナの影響で外に出ることが少なくなる場合必ず筋力が低下してしまいます。

 

筋力が低下することで代謝が落ちて脂肪の燃焼効率が落ちてしまうリスクが高まります。

また、筋力が落ちることで引き締まったボディラインにはならず、お肉が上に乗ってしまうようなだらしないボディラインになってしまいます。

 

筋肉をつけることで引き締まった身体を作っていけることは大きなメリットになります。

 

〇糖質制限ではなく、ビタミンの見直しが必要

 

糖質を代謝する際にはビタミンB1が必要となります。

ビタミンB1が補酵素として糖質の代謝に働くためです。

 

現代人に糖質制限が必要な理由はビタミンが不足しているからと言っても過言ではありません。

必要量取れていれば糖質は代謝をしてくれます。

 

エネルギー産生に関わる栄養素なので、不足することでむくみなどが起きやすく、理想のボディメイクの妨げになってしまいます。

また、栄養を作りづらくなってしまう為、疲労感が残るといったデメリットも考えられます。

 

普段運動する方は消費されやすく特に量が必要になるので、意識してみることから始めてみましょう!

 

 

〇ビタミンB1を効率よく摂取し、働かせるために

 

ビタミンB1ビタミンB2B17と共に摂取することで、効率良く体に吸収されます。

 

また、正常な働きを行う為ビタミンEビタミンB5カルシウム硫黄が必要になります。

吸収を効率よくするものと、働かせるために必要なものがそれぞれあることを覚えて下さい!

 

〇ビタミンB1を多く含む食材とその他一緒に取るべき栄養素が含まれる食材

ビタミンB1が豊富

・豚肉

・大豆

・エンドウ豆

・落花生

・わかめ

・うなぎ かば焼き>白焼き

 

~効率よく吸収するために~

ビタミンB2

・豚レバー

・牛レバー

・アーモンド

・パルメザンチーズ

・納豆

・乾燥シイタケ

※茹でると損失してしまう割合が多いため、電子レンジなどで蒸すと良いですよ!

蒸す>炒める>煮る>茹でる

 

ビタミンB17現在ではアミダグリンとも呼ばれる

・びわ

・桃

・すもも

・あんず

・サクランボ

・梅

 

 

~効率よく働かせるために~

ビタミンE

・アーモンド

・落花生

・茹でほうれん草

 

ビタミンB5パントテン酸

・牛、豚、鳥レバー

・乾燥シイタケ

・マイタケ

・納豆

 

カルシウム

・小松菜

・モロヘイヤ

・炒りごま

・ワカサギ

・シシャモ

・ウナギのかば焼き

・桜エビ

・ちりめんじゃこ

・ひじき

・豆腐

・がんもどき

・牛乳など乳製品

 

硫黄シスチン

・牛肉

・羊肉

・大根

・ニラ

・玉ねぎ

 

 

〇まとめ

最後まで読んで頂きありがとうございます(*^^*)

近年糖質制限という言葉が大流行しているように思いますが、それでは体重は落ちますが、理想の体型には近づけません。

糖質との付き合い方を見直すためにビタミンに着目してみましょう!

 

藤田もだらしない身体を卒業するために頑張ります(*^^*)

健康的に体重を落としたい。

リバウンドしたくない。

そんなあなたを応援したいです!

 

同時に身体の調整をしていけるとより代謝が上がりやすく、怪我の心配が少なくなります!

興味があればお気軽にお問い合わせください(*^^*)

 

2022.10.11

太りたくないけど食べたい!そんなあなたに…

こんにちは!大井町鍼灸整骨院の松本です!今年も早いことでもう9月になり終わろうとしています!

ここから秋に移り変わって肌寒い日や日が落ちるのが早い日も増えてくると思います。

そんな秋は何といっても食欲の秋!たくさん食べることは悪いことではないですが、食べ過ぎ飲みすぎは良くないです!だけど止まらない食欲をどうにもできないあなた必見のブログです!今回のテーマは「太りにくい食べ物」です!これも主食、デザート編でそれぞれお伝えしていこうと思います!

 

・主食編

主食編の1品目は「焼き鳥」です!焼き鳥はその名の通り鶏肉です!他の種類の肉よりも低カロリーのものが多く焼き鳥の場合、焼き鳥単体で満足できる場合が多いので総合的に見ても摂取カロリーが低いと言えます。この焼き鳥の味もタレと塩であれば塩を選ぶとより効率的に痩せることができると思います!どんなおいしいものにも罠はありますがうまく食べ分ければ効率よく痩せることが可能になります!

 

次の2品目のご紹介です!

2品目は「焼肉」です!これは驚かれることが多いですが焼肉は別に太りやすい品目ではないです!焼肉単体で尚且つ食べる部位を注意すれば高たんぱくでとても栄養価が高い主食になると思います。この時にできればお米を食べないことをお勧めしますがどうしても食べたければしっかり食べる量を決めて制限することが大切です。

 

・デザート編

お次はデザート編になります。ダイエット中でも食べられるデザートを紹介していきます。

まずは果物の紹介です!ダイエット中にあまい果物は食べたくなりますよね?果物は手に入りやすく苦手なものが

少ない人が多いはずです!そんな人が気軽に食べれるものを紹介したいと思います!

そんな人に低カロリーのおいしいフルーツを書いていきます!

 

・スイカ(100g)

スイカは重さの約8割は水分でできています!カロリーも40kcalなので食べても太りにくい果物になっております。糖質は約9gです。

 

・ブルーベリー(100g)

ブルーベリーは内臓脂肪を蓄積するのを抑制する作用があります。

カロリーは48kcal、糖質は約10g弱です!食物繊維も豊富に含まれており

オススメの果物になります!

 

・グレープフルーツ

グレープフルーツは40kcalで糖質は9gです。赤肉と白肉がありますがどちらも同じになります!

 

・いちご(100g)

いちごは31kcalと、とても低カロリーな果物です!糖質も約7gなので量を気を付けておいしく食べれます!

 

・みかん

みかん1個辺り10gの糖質量でたくさんは食べれないですが基本的にどうしても食べたいときには許容できる範囲です。

 

さくらんぼ(10粒)

さくらんぼは糖質約8gになります。こちらも食べ過ぎると過剰摂取になるため10粒で抑えることをお勧めします!

 

 

 

逆に注意が必要な果物たちもあります!

マンゴー、バナナ、もも、メロンなどは高カロリーなうえに糖質もかなり高めの果物になります。

手軽に手に入り食べれてしまうのでダイエット中の際は気を付けてみてください!

 

果物は朝に食べるのが適しており重要な栄養源として1日の動力源となってくれます!

食べる量も100g~200gまでに抑えるようにすれば過剰摂取にならずダイエットすることができます!

 

もし先ほど挙げた注意してほしい果物を食べたいときは他に食べるものを完全に抜いた状態で果物のみにすることをお勧めします。

果物は手軽においしく食べれてしまうため間違えると逆に太りやすくなってしまいます。

ぜひ注意して摂るように心がけましょう!

 

今回はダイエット中の主食、デザート編に分けて書かせていただきました!

ぜひ参考にしてみてください!

 

 

2022.9.27

睡眠時間について

皆さんこんにちは!

 

大井町の丸山です!

 

今回は睡眠について書いていこうと思います!

 

皆さんは睡眠は十分に取れていますか?

睡眠は体調管理や健康にすごく密接な関係にあります。

睡眠と健康について二つ書いていきます。

 

まず、最適な睡眠時間とは?

次に睡眠と心身のメンテナンスについて

書いていきますね!

 

まず、最適な睡眠時間を知っていますか?

睡眠時間についてはさまざまな調査が行われていて、健康や寿命に関係する最適な睡眠時間は7時間と言われています。

アメリカの研究で睡眠時間が7時間の人が最も死亡率が低く長寿だという結果が出ているそうです。

もちろん個人差はありますが、睡眠時間が短くなっても長くなっても寿命が短くなるそうです。

7〜8時間の睡眠時間の人が、最も心臓病になりにくいという調査結果も出ているそうです。

 

約7時間の睡眠が健康に最適な時間と言われていますが、個人差があります。

年齢や季節、睡眠の質などさまざまな要素から睡眠時間は変わってくるので、翌日に眠気を感じずに快適に過ごせるような時間がその人にあった睡眠時間になります。

 

年齢では、思春期の睡眠時間は約8時間程度がいいと言われています。

それ以降は年齢を重ねるごとに睡眠時間は減っていきます。

加齢につれて深い睡眠が少なくなるので7時間を目安に眠気が出るようなら少し長く寝るなどの工夫をすることで快適に過ごせる睡眠時間を見つけてください!

 

もう一つ7時間の睡眠がいいということに自然と目が覚めるのが、大体7時間だと言われています。

睡眠は眠りの浅いレム睡眠と眠りの深いノンレム睡眠のサイクルがあります。

そのサイクルは約90分のサイクルで回っています。

このサイクルを一晩で4〜6回繰り返します。

朝方になるにつれてノンレム睡眠の時間が短くなり、レム睡眠が伸びていきます。そしてサイクルが徐々に短くなり、自然と目が覚めるようになります。

これらの合計が約7時間になるので、そこを目安に睡眠をとるように意識してみてくださいね!

 

次に睡眠は心身のメンテナンスについてです!

 

人は睡眠が、不足すると元気がなくなったり、イライラするようになります。

睡眠には疲労した脳や体を回復する働きがあります。

睡眠不足が慢性化すると一度寝ただけでは取り返せない問題が出てきます。

 

脳の機能が低下して、記憶力や判断力などが低下していきます。

精神的に不安定にもなり、ときにはうつ病などの精神疾患になることもあります。

高血圧や糖尿病、肥満など生活習慣病にかかりやすくなります。

免疫力の低下により病気にかかりやすくなったり、がんや感染症にもなりやすくなります。

内臓の働きが悪くなったり、肌が荒れやすくなるなどの体への影響が出てきます。

 

上記の事からわかるように睡眠中に脳や身体の中では様々なことが起こっています。

睡眠中に起こっていることとして

 

睡眠をすることで脳に休息を与えることができます。

睡眠不足により体に感じる不快な気分や意欲の低下は身体が感じているのではなく

脳の機能低下により生じています。

睡眠不足が続くと精神的に不安定になりやすく、うつ病などの精神疾患になりやすくなります。

脳はとても繊細で少しでも異変が起こると体に様々な悪影響を及ぼします。

認知能力の低下が起こり、情報処理能力の低下により判断能力や記憶力が低下してしまします。

 

しっかり睡眠をとることで脳を休息させるだけでなく翌日に備えて修復、回復させる効果があります。

 

このように人間にとって睡眠をとることは健康や身体の回復に必要不可欠なものになります。

次回は睡眠による体への良い影響と悪影響について書いていこうと思います!!

 

睡眠についてお困りの方は是非当院にお問い合わせください!!

 

大井町鍼灸整骨院

2022.9.20

☆今すぐ使える☆~ストレッチの極意について~

みなさんこんにちは!大井町鍼灸整骨院の藤田です!

今回はストレッチについて語っていきます!

これを読んで頂き実践さえできれば、生まれてずっと身体が硬い人もびっくりしますよ(*^^*)

 

ではいきます!

 

 

〇なぜストレッチをした方が良いのか

 

ストレッチの効果

・関節可動域の上昇

・運動パフォーマンスの上昇

・筋肉に柔軟性が出る為、怪我の予防になる

・血流が促進されることによるリラックス効果

・不眠の改善

・自律神経の安定

・代謝が上がる

・免疫力が上がる

・どんな場所でも気軽にできる

 

などなどとても多くのメリットが存在します(*^^*)

 

治療家である僕の経験上、筋肉の柔軟性は大きな怪我に繋がるリスクがとても高いです。

柔軟性の低下した筋肉ではポンプ作用が弱くなり血流も悪くなり身体が常に疲れた状態になってしまいます。

 

 

〇静的ストレッチと動的ストレッチの違い

 

使い分けすることに大きな意味があります。

動的ストレッチの特徴

・反動を細かくつけながら行うストレッチ

・ラジオ体操の様に身体を動かす

・運動を始める前のアップには最適

・交感神経(日中活動する際に働く神経)が反応する

 

静的ストレッチの特徴

・反動をつけないストレッチ

・じっくり伸ばしながら行う

・副交感神経(リラックス状態の際に働く神経)が反応する

・クールダウンや睡眠の前など、これからリラックスをしたい時に最適

 

 

動的ストレッチは一日の始まりや、運動を始める前に最適なストレッチです!

反対に静的ストレッチは、一日の終わりやリラックスしたい時、または運動後に最適なストレッチです!

 

少年時代に何気なく行っていたラジオ体操がとんでもなく考えられて作られた動的ストレッチなのだと感動しました。(笑)

 

 

〇静的ストレッチの効果を最大化させるために

 

静的ストレッチの最大化を行う為には身体のある仕組みを使う必要があります。

結論として方法からお伝えしますと、

 

「痛みの出過ぎない場所で30秒を超えて1分間呼吸をしながら伸ばし続ける」ことで、

 

静的ストレッチの効果は高くなります。

 

 

身体には筋肉の長さを感知する器官があります。

筋肉が伸ばされ過ぎて怪我をしないように、ある一定ラインまで引き延ばされたときに筋肉を引き締めて怪我を予防する防御反応に必要な場所です。

 

この反応は30秒を過ぎてから徐々にほどけ始め、筋肉の硬さが抜け始めます。

 

つまり「30秒を超えてからが本当のストレッチ効果」ということになります。

 

 

30秒を下回るストレッチは意味がない訳ではないのですが、部類としては動的ストレッチになってしまうので、リラックス効果を高めたい時に行うものではありません。

 

 

つまり理想的な静的ストレッチは1分間伸ばし続けるという行動が必要になるんです!!

 

 

〇自らを振り返ってみましょう

 

たくさんの患者さんにお話しを聞く機会がありますが、正しい静的ストレッチを行っている方に出会ったことがありません。

 

正しいストレッチが出来ていないから整骨院が必要になるのかは定かではありませんが、

知っておくに越したことはないと思いますし、

可能であれば不調が少しでもある皆さんにこのストレッチ方法が届いてほしいと思っています(*^^*)

 

ストレス社会なんて言われている世の中なので、少しでもリラックスできる環境を自分でつかみに行きましょう!!

 

 

ここまで読んでいただき本当にありがとうございます(^^♪

 

 

 

一人で行おうとすると先ほどお伝えした防御反応をより強く感じられると思います。

当院にいらして頂ければ、身体のプロである僕たちが最適な治療とストレッチを提供致します(*^^*)

 

 

運動は続かないけどストレッチはできそうだと思いませんか?

 

あなたのこれからの健康をしっかりサポート致しますので、

お気軽にご連絡下さい(^^)

2022.9.7

筋トレの知られていないメリットとは

こんにちは!大井町鍼灸整骨院の松本です!もう8月も後半に差し掛かってきました!

まだまだ暑い日が続きそうですが皆さんは体調を崩されたりしていないでしょうか?

しっかりと休暇・水分補給をしながら生活するようにしてみてください!

そんな今回のブログのネタはトレーニングについて書いていこうと思います!

 

皆さん日常的に運動するのは習慣化されていますか?身体を動かすことは健康の第1歩です!運動することで代謝向上やストレス発散などいい効果がたくさんあります!

ですが今回お話するのは運動は運動でも「筋トレ」についてお話します!

 

  • 筋トレの効果やすることによって得られるメリット

ここ数年でかなりジムなどが増えて筋トレをされる人口が増えてきたと思います。

多くの方はボディラインをキレイにしたいや健康な体を手に入れたいなどが主な目的になってくる方が多いと思います!

そんなメリットをいくつかご紹介していきたいと思います!

・基礎代謝が上がって痩せやすい体になりやすい!

どんな人にも基礎代謝と言って生きているだけでエネルギーが消費されていきます。

これは人によって大きく異なりこの基礎代謝が高い人はとても痩せやすいです!

では基礎代謝が高い人はどんな人なのか…それがまさに筋トレをして「筋肉量が多い人」になります。筋肉の量が多い人は少ない人よりも基礎代謝によるエネルギー消費量が増えていき痩せやすくなっていきます!これがまず一つ目のメリットです!

 

・落ち込みにくくなり自信がついてくる!

筋トレにはセロトニンを分泌する効果がりこのセロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれておりその名の通り気持ちの面でかなり作用して重要になるホルモンです!

これが多く分泌されている人はストレスが少ない人になってきます!

 

・腰痛、肩こりに効果的!

筋トレをすることにより筋ポンプ作用が働きしっかりと血流が使った筋肉たちに行き渡ることで滞ってできた筋肉のコリがほぐれていきます。慢性的な肩こりや腰痛に悩んでいる人達は運動量を増やしていくことが大切になってきます。

 

・姿勢改善

上記の肩こり、腰痛予防にも繋がりますが姿勢改善が筋トレをして筋肉量が増えることによりしやすくなります。長時間の姿勢維持には筋力がある程度必要不可欠になってくるため筋トレをすることは非常にメリットになります。

 

・睡眠の質が上がりやすい!

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠の2種類があります。

筋トレを行うことにより深い眠りであるノンレム睡眠の時間が増え、睡眠の質が大幅に向上すると言われています。ちょうどいい疲労感の時に睡眠を摂るとすっきりするのはこの効果が出ています!適度な運動による疲労感は睡眠をとるうえで重要です!

 

 

ここまでが、大まかな筋トレにより得られるメリットになってきます!

なかなかモチベーションが保てずに筋トレを断念してしまうかとも多いと思います!

そんな時こそ筋トレの先に得られる理想のボディラインを想像したりモチベーションを保ちやすくするためにジムやヨガに通うのもいいかもしれません!

当院では筋トレが必要な方には施術の中でトレーニング指導を行っています!

治療と運動を行うことで体の機能が改善していくことが目的です!

ぜひ、なかなか悩みが解決しない、モチベーションが保てないなどありましたらご相談頂ければと思います。

 

今回は筋トレについてのメリットをお話しさせていただきました!

来月のブログも是非、楽しみにしていてください!

2022.8.22

メールでのお問い合わせ

電話をかける

  • ブログ
  • 当院はCIESFに加盟しております

各種クレジットカードがご利用可能です

各種クレジットカードがご利用可能です

クレジットーカードでのお支払いは、自費診療と物販製品のみご利用可能です。
保険診療の一部負担金にはご利用いただけません。